逃げようとするヒップを押さえこみ、尻の割れ目をこじ開ける

「お、お尻なんてぇ……汚い……んぅ、汚いからぁ」
「汚いもんかっ、加南子さんのなら汚くないよ」
逃げようとするヒップを押さえこみ、尻の割れ目をこじ開ける。左右の親指を肛門の皺にあてがい、直腸までのぞけるほどに肉穴をひろげ、すぐさま舌をあてがう。
「ひゃふっ!」
「ん、んんぅ……んあああぁ……」
美臀で頬を挟み、ヌヌヌッと舌先を捻りこむ。膣口とは違う狭さを、硬いゴムのような弾力を確かめながら、括約筋の裏側にまで舌を這わせてゆく。

出典:~二人の美臀母(フランス書院文庫)

著者: 櫻木充

二人の美臀母 (フランス書院文庫)

破廉恥すぎるパンティラインが刻まれる義母の艶尻。むっちりと熟れた魅力を隠しきれない実母の麗尻。17歳の少年につきつけられたのは究極すぎる選択。息子の愛を勝ち取るため、義母は羞じらいを脱ぎ捨て、実母までもが最後の処女地を愛息に捧げようとして!――二人の美臀母がしかける悩ましすぎる双肉の競艶。