広海は彩菜の片脚を抱えながら、何度も何度も突き上げていく

広海は彩菜の片脚を抱えながら、何度も何度も突き上げていく。
「ぁっ!ぁん!ひっ、ん……!」
悲鳴を上げながら、彩菜が広海の首にしがみつく。突き上げられ、膣から持ち上がった身体は、残った脚が爪先立ちになってしまう。