指が恥丘の左右に押し当てられ、ためらうことなく広げられる

目だけ爛々とぎらつかせる少年の前で、彩海の両手の指が自身の股間にそえられた。指が恥丘の左右に押し当てられ、ためらうことなく広げられる。
見て、とは彩海は言わなかった。言われなくても、尚樹はじっと見つめている。
生まれてはじめて目にする女の秘密は、ひたすら美しい。
精密に設計されたとしか思えない肉と粘膜のパーツが、生々しくも愛らしい生花を咲かせている。まるで肉の花弁が蠢いて言葉を生みだしたかのように、彩海の声が願いを告げた。
「尚樹くん、おちんちんを彩海に入れて」

出典:~隣の人妻と女教師と僕 (リアルドリーム文庫)

著者: 羽沢向一

隣の人妻と女教師と僕 (リアルドリーム文庫)

隣の人妻の媚態に蕩ける少年
めくるめく一夏の官能体験!
「彩海をたっぷりと泣かせて、可愛がってくださいね」一人暮らしの少年を惑わせる甲斐甲斐しい隣の人妻の奉仕。しっとりと水を浴びたワンピースに透ける柔らかな乳房。スカートから剥き出された太腿に少年はしゃぶりついてゆく。遊園地での羞恥プレイに歓喜した人妻の黒下着は濡れ――その夏、少年は隣の人妻と結ばれ、めくるめく官能体験が始まった。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!