ただ指が上下に動くだけでなく、ひねりが加えられて、亀頭の傘の裏側を掻かれるたびに、ピリッとした電流が走った

肉幹も絶妙の握力とスピードでしごかれる。ただ指が上下に動くだけでなく、ひねりが加えられて、亀頭の傘の裏側を掻かれるたびに、ピリッとした電流が走った。
睾丸の愛撫も休みなくつづいている。自分の手によるオナニーでは触れたことがない二つの玉は、五本の指でやさしく転がされ、揉みほぐされて、未体験の心地よさを休みなく生みだしていく。
童貞を失ったばかりの少年が、抜群のテクニックの初フェラチオと初手コキのダブルパンチに耐えられるはずがない。バスタブの縁に乗った尻のくねりが一段と大きくなり、せつないほどの痺れが下半身を襲う。二度目の射精のトリガーが強く引かれた。

出典:~隣の人妻と女教師と僕 (リアルドリーム文庫)

著者: 羽沢向一

隣の人妻と女教師と僕 (リアルドリーム文庫)

隣の人妻の媚態に蕩ける少年
めくるめく一夏の官能体験!
「彩海をたっぷりと泣かせて、可愛がってくださいね」一人暮らしの少年を惑わせる甲斐甲斐しい隣の人妻の奉仕。しっとりと水を浴びたワンピースに透ける柔らかな乳房。スカートから剥き出された太腿に少年はしゃぶりついてゆく。遊園地での羞恥プレイに歓喜した人妻の黒下着は濡れ――その夏、少年は隣の人妻と結ばれ、めくるめく官能体験が始まった。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!