盛大に飛び散る精液が、彩海の口内と喉の粘膜を撃った

左手にいじられる睾丸からマグマがあふれ、肉幹を握る右手の指の中を通過して、焼けつく亀頭の先端から噴出する。
盛大に飛び散る精液が、彩海の口内と喉の粘膜を撃った。
「うんんんっ、ぐむっ!んむううっ!」
尚樹の見つめる前で、彩海の顔がとろとろに蕩けていく。黒目がちの瞳がトロリと潤み、形のよい眉が溶けるように下がる。亀頭を咥える唇の両端から、白く粘ついた水滴があふれて、顎へと伝い落ちる。
そして白い喉が上下に動き、口内の液体をコクコクと飲み下しているのが見て取れた。