わたしが止まると、彼の手がスカートをめくって、パンティを剥きだしにして、何度も何度もお尻を叩くの

「彼は、わたしの後ろに立って、どんどん追いたてたわ。わたしが止まると、彼の手がスカートをめくって、パンティを剥きだしにして、何度も何度もお尻を叩くの。ああ、あのときを思い出しただけで、はああっ、たまらない!」
彩海の尻たぶがキュッと引き締まり、尚樹の指を挟みつけて、ブルブルッと震えた。現実の快感と過去の思い出の悦びがひとつになって、四つん這いの身体をうねらせる。
「ううんっ、本気で痛くされたわけじゃないのよ。ただパンパンとお尻を軽くはたかれただけなの。それだけで、わたしの身体は目覚めたのよ」