はじめてまじまじと見る彩海の尻は、完熟果実のように重たげで、汁気がたっぷりとつまっているようだ

彩海が男根からひらりと離れ、尚樹に背を向けて、ネコ科の獣のごとくしなやかな四つん這いになった。首を背後にねじって、皮膚にまとわりつくような視線を流しながら、ワンピースの裾をまくり上げた。いつの間に脱いだのか、マジックのようにパンティが消え失せている。豊熟尻を突きつけられて、尚樹は言葉を失った。
はじめてまじまじと見る彩海の尻は、完熟果実のように重たげで、汁気がたっぷりとつまっているようだ。圧倒的な大人の女尻の迫力は、両腕を広げても抱えきれないと錯覚させる。一度視線を向けたら、魂を奪われて、二度と目をそらせない魅力にあふれていた。

出典:~隣の人妻と女教師と僕 (リアルドリーム文庫)

著者: 羽沢向一

隣の人妻と女教師と僕 (リアルドリーム文庫)
隣の人妻の媚態に蕩ける少年
めくるめく一夏の官能体験!
「彩海をたっぷりと泣かせて、可愛がってくださいね」
一人暮らしの少年を惑わせる甲斐甲斐しい隣の人妻の奉仕
しっとりと水を浴びたワンピースに透ける柔らかな乳房
スカートから剥き出された太腿に少年はしゃぶりついてゆく
遊園地での羞恥プレイに歓喜した人妻の黒下着は濡れ――
その夏、少年は隣の人妻と結ばれ、めくるめく官能体験が始まった。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!