指で開いた女性器と肛門を見せつけながら、巨尻が上下左右にくねりはじめる

両手が熟尻の表面を滑り降りて、また恥丘を開いた。再び肉色の花が開き、透明な蜜液があふれる。彩海の体液は左右の太腿を伝って、膝をついたタイルを濡らした。
「入れて。もう一度、尚樹くんのおちんちんを深く突き入れてほしいの」
指で開いた女性器と肛門を見せつけながら、巨尻が上下左右にくねりはじめる。揺れ動く尻の向こうからは、甘ったるい媚態を含んだ声が流れた。