柔肉がぬめぬめと鈴口をつつき、裏側の筋をねっとりと揉みたてられる

彩海が見せる激しい反応に引きこまれて、尚樹も尻をくねらせる。蠢く乳房の間で、肉棒を跳ねさせた。
男根の大きな動きにも、柔軟な乳肉は忠実に追いついてくる。柔肉がぬめぬめと鈴口をつつき、裏側の筋をねっとりと揉みたてられる。ペニスのつけ根の周囲にも、唾液で濡れた乳肌が密着して、ぬるぬるとこすられた。
同時に、彩海の乳房も二人分の手とビクビクと震える肉棒にこねられる。胸のうねりとともに勃起乳首もコスチュームの内側にこすりつけられて、ビリビリと快感を放出した。