息を荒くして、さらに強く乳房をこねる

「あああ、彩海さん!」
息を荒くして、さらに強く乳房をこねる。そうすると、新たな感触に迎えられた。やわらかさの奥に、しっかりとした弾力があり、尚樹の握力を押し返す。さらに力を入れれば、プリプリと乳房が弾む。柔軟さと弾力を兼ねそなえて、極上の揉み心地だ。