がむしゃらな指の動きに合わせて、二つの豊満な乳房が上下左右に大きく揺れ、柔肉がぷるぷると震動する

「彩海さん、ああ彩海さん!」
ひとりでに尚樹の口から名前が飛びだし、やみくもに左右の乳房を揉みたてる。がむしゃらな指の動きに合わせて、二つの豊満な乳房が上下左右に大きく揺れ、柔肉がぷるぷると震動する。