尻を床から浮かせると、溜めることなく、するりと最後の下着を抜き取った

その間にも、尚樹の視線は、彩海の下腹部に据えつけられていた。少年がベルトに手をかけると同時に、彩海もパンティに両手の指を引っかける。尻を床から浮かせると、溜めることなく、するりと最後の下着を抜き取った。