尚樹の感嘆の言葉を肯定するように、亀頭を咥えたままの彩海の顔が上下する

「ぼくが出した精液を、彩海さんが飲んでる!」
尚樹の感嘆の言葉を肯定するように、亀頭を咥えたままの彩海の顔が上下する。その動きが、また尚樹に快感を送り、尿道内に残っていた精液がまた押し出された。彩海の口内でひくつく鈴口から、新たな精液がこぼれて、それがまた尚樹の快感の引き金になる。