彩海の膣肉もタイミングを合わせるように、ペニスをきつく抱きしめた

尻たぶの筋肉が強く引き絞られて、亀頭が膣の奥まで潜入する。
彩海の膣肉もタイミングを合わせるように、ペニスをきつく抱きしめた。
「おおおおおおおおっ!!」
灼熱の歓喜が亀頭を貫き、鈴口から爆発的に噴出する。積年の願望が射精と化して、彩海の腹の中に染みこんでいく。