白い布を高く盛り上げる胸と、紺色の布が引き裂けそうにぱんぱんに張りつめたブルマにそそがれる、大勢の酔っぱらいたちのギラギラした視線

脳内に、夜の繁華街を体操服とブルマだけで歩いている彩海の姿が浮かんだ。白い布を高く盛り上げる胸と、紺色の布が引き裂けそうにぱんぱんに張りつめたブルマにそそがれる、大勢の酔っぱらいたちのギラギラした視線。
激しい羞恥に身を焼く彩海さんは、ついつい艶めかしく肉体をくねらせて、いっそう男たちの注目を集めてしまう……あまりにステロタイプな妄想だが、尚樹は顔が熱くなる。
現代の高校生である尚樹は、実際に女がブルマを穿いているところを見たことはない。それは漫画やアニメだけで目にする遠い幻だ。だからこそ、彩海のブルマ姿を見てみたいと思う。

出典:~隣の人妻と女教師と僕 (リアルドリーム文庫)

著者: 羽沢向一

隣の人妻と女教師と僕 (リアルドリーム文庫)

隣の人妻の媚態に蕩ける少年
めくるめく一夏の官能体験!
「彩海をたっぷりと泣かせて、可愛がってくださいね」一人暮らしの少年を惑わせる甲斐甲斐しい隣の人妻の奉仕。しっとりと水を浴びたワンピースに透ける柔らかな乳房。スカートから剥き出された太腿に少年はしゃぶりついてゆく。遊園地での羞恥プレイに歓喜した人妻の黒下着は濡れ――その夏、少年は隣の人妻と結ばれ、めくるめく官能体験が始まった。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!