尚樹は無言で両手を伸ばし、チアコスチュームの裾をつまんだ

尚樹は無言で両手を伸ばし、チアコスチュームの裾をつまんだ。阿吽の呼吸で、彩海が両手をスカートから離した。
(やるぞ!)
尚樹は自分に気合いを入れる。しかし両手はそろそろと動いた。赤い布が移動して、太腿の今まで隠れていた肌が見えはじめる。一気にまくり上げるのはもったいない。とはいえ、もともとごく短いスカートだ。すぐに中から白いものが現れた。そうなるともう尚樹は我慢できなくなり、勢いよくへその上まで全開にする。