尚樹へ向けた四つん這いの豊尻をうねうねとくねらせて、彩海は微笑みながらまた亀頭に舌を這わせた

「よかったわ。わたしも痛いのは苦手なの。好きなのは、恥ずかしいエッチよ」
尚樹へ向けた四つん這いの豊尻をうねうねとくねらせて、彩海は微笑みながらまた亀頭に舌を這わせた。
ぴちゃぴちゃという舌音とともに、尿意の迫る男根にじっとりと快感が染み入ってきて、尚樹はたまらず腰を浮かせる。