尚樹に握られた乳首が引っぱられて、柔軟な巨乳が細長く伸ばされる

「乳首イックううううううっ!!」
喘ぎながら、彩海の身体はずるずるとその場にへたりこんだ。尚樹に握られた乳首が引っぱられて、柔軟な巨乳が細長く伸ばされる。尚樹があわてて手を離すと、乳球が大きく弾んでもとの形にもどった。その衝撃が、彩海のエクスタシーをもう一段上に押し上げた。