彩海は両手でチアコスチュームの上から自分の胸をつかみ、乳房を左右から押しつけると、うねうねと動かした

「わたしの胸を、たっぷり味わってね」
彩海は両手でチアコスチュームの上から自分の胸をつかみ、乳房を左右から押しつけると、うねうねと動かした。唾液に濡れた柔肉が縦横無尽にくねり、ペニス全体を絶妙に揉みたてる。
「ふあっ!パイズリって、こんなに気持ちいいのか!たまらないよ、彩海さん!」
彩海が自分の巨乳を自在に操り、尚樹の分身を快楽の渦に巻きこんでいく。ついさっきとは逆に、尚樹が全身を震わせて、腰を前後に動かしつづける。