二度の絶頂の余韻のままに乳房はパンパンに張りつめ、乳首は硬くとがりきったままだ

強烈な締めつけに抵抗して、尚樹は全身の筋肉を駆使して、懸命に腰を前後させた。立ちふさがる隘路を亀頭で押し広げて突き進み、追いすがる肉壁をふりきって後退する。外へ出た肉幹に引かれて膣口がめくれ、透明な蜜液がどろりとあふれ出て、尚樹と彩海の内腿を濡らした。
その間にも、両手で胸を揉みしだき、親指と中指で乳首をこすりたてる。二度の絶頂の余韻のままに乳房はパンパンに張りつめ、乳首は硬くとがりきったままだ。三度目の絶頂をめがけて、先へ先へと突き進んでいく。
まだイカせてもらっていない膣も胸の後を追い、さらに追い抜こうと、貪欲に尚樹のペニスにしゃぶりつき、快楽を吸収する。