尚樹の前に、女の尻が一番大きく見えるポーズが掲げられた

彩海の両足がしゅるしゅると衣ずれの音をたてて動き、膝をそろえて立てた。両腕も伸ばして、四つん這いの姿勢になる。
尚樹の前に、女の尻が一番大きく見えるポーズが掲げられた。気圧される迫力とともに、むしゃぶりつかずにはいられない豊饒さを感じさせる。しかも、かろうじて秘部を隠すパンティの中心が、バイブの形に盛り上がっているのだ。
だが尚樹が動く前に、彩海の身体が反転して、前後が入れ替わった。四つん這いのまま、媚態に染まった顔を尚樹に向けてくる。