しかし亀頭を口内に残したまま動きが止まり、舌先で鈴口をチロチロとつつく

「ああっ、ダメだ、彩海さん!出ちゃうから、口を離してっ!」
尚樹の叫びに応じて、彩海の顔が後退する。しかし亀頭を口内に残したまま動きが止まり、舌先で鈴口をチロチロとつつく。その刺激が、最後のひと押しとなった。
「だめだあっ!で、出るううううっ!!」
バスタブから尚樹の尻が浮き上がった。無意識に両手の指を、彩海の濡れた髪にからませる。全身が震え、左右の踵がバスタブを何度も蹴った。

出典:~隣の人妻と女教師と僕 (リアルドリーム文庫)

著者: 羽沢向一

隣の人妻と女教師と僕 (リアルドリーム文庫)

隣の人妻の媚態に蕩ける少年
めくるめく一夏の官能体験!
「彩海をたっぷりと泣かせて、可愛がってくださいね」一人暮らしの少年を惑わせる甲斐甲斐しい隣の人妻の奉仕。しっとりと水を浴びたワンピースに透ける柔らかな乳房。スカートから剥き出された太腿に少年はしゃぶりついてゆく。遊園地での羞恥プレイに歓喜した人妻の黒下着は濡れ――その夏、少年は隣の人妻と結ばれ、めくるめく官能体験が始まった。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!