尻桃が自分の手で引っぱられて、尻の谷間が広がった

「わたしの身体を自由にしていいの」
淫靡な懇願の言葉が彩海自身を刺激しているのか、尻たぶが朱色に染まって、大きな桃を思わせる。尻桃が自分の手で引っぱられて、尻の谷間が広がった。白日のもとにさらされた深い谷底の奥の奥に、ひっそりたたずむ蕾があらわになった。