これから亀頭全体を咥えようとする前に、尚樹は声をあげた

唇が、亀頭に触れた。
「んっ」
尚樹がうめいて、ベッドの上で裸身をくねらせる。
彩海は右に左に顔の角度を変えて、キスを連続させる。これから亀頭全体を咥えようとする前に、尚樹は声をあげた。