彩海の身じろぎに従って、二つの球体が布の中で揺らめき、今にも崩落してきそうな錯覚に囚われてしまう

尚樹はあわててアンダースコートから顔を離すと、再び頭上を見上げた。視界に、オーバーハングした赤い胸の下側が入る。彩海の身じろぎに従って、二つの球体が布の中で揺らめき、今にも崩落してきそうな錯覚に囚われてしまう。顔の前の純白の布に包まれた秘密の場所と同じくらい、魅惑に満ちた光景だ。