尚樹はさらなる熱意をこめて、乳首をしごいてやる

尚樹はさらなる熱意をこめて、乳首をしごいてやる。こすればこするほど、まるで男のモノのように、布の中で肉筒の硬度が増して、熱くなっていく。変化する乳首の触り心地が、尚樹のイマジネーションを刺激して、彩海自身が言った快感が変化した母乳が今にも噴き出すのではないかと、妖しい妄想を起こさせた。