射精に備えてひくつく鈴口に、彩海が口をつけた

「ああ、こぼすのはもったいないわ」
射精に備えてひくつく鈴口に、彩海が口をつけた。再び亀頭に受けた刺激がスパークして、尚樹はたまらず腰をせり出す。
「うおおおおう、出るうっ!!」
尚樹はとっさに両手で彩海の髪をつかみ、美貌を固定した。突き上げた亀頭が、彩海の唇を割り、口の中へと突入する。
乱暴な行為だが、彩海の顔には苦痛の色はなく、口内を犯される快楽に陶酔する表情を浮かべた。尿道の内側を、猛烈な勢いで精液の奔流にこすられ、焼けつく快楽に痺れる。人妻の舌の上で亀頭が膨張して、どっと精液を噴出した。蛇口を全開にした勢いで、白い粘液が喉の粘膜を叩いた。

出典:~隣の人妻と女教師と僕 (リアルドリーム文庫)

著者: 羽沢向一

隣の人妻と女教師と僕 (リアルドリーム文庫)

隣の人妻の媚態に蕩ける少年
めくるめく一夏の官能体験!
「彩海をたっぷりと泣かせて、可愛がってくださいね」一人暮らしの少年を惑わせる甲斐甲斐しい隣の人妻の奉仕。しっとりと水を浴びたワンピースに透ける柔らかな乳房。スカートから剥き出された太腿に少年はしゃぶりついてゆく。遊園地での羞恥プレイに歓喜した人妻の黒下着は濡れ――その夏、少年は隣の人妻と結ばれ、めくるめく官能体験が始まった。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!