満々とボリュームアップしたブラウスの大隆起の上を、静子先生自身の二十本の指が縦横に這いまわり

満々とボリュームアップしたブラウスの大隆起の上を、静子先生自身の二十本の指が縦横に這いまわり、容赦なく揉みたてている。愛撫というよりも自分自身に罰を与えているような激しい動きにさらされて、外から直接は見えない乳房が一瞬も休まずに形を変えている。
「すごいよ、静子先生。彩海さんに負けない淫乱マゾ女教師だ」