肛門に与えられた最初の一打の衝撃を伝えるように、シーツにキスをする

顔を広げた谷間に埋める。舌先を伸ばし、蕾に押しつける。女肉の花園のぬるぬるした粘膜とは異なる感触だ。鋭い舌の表面に、細いしわが触れた。
「あんっ!」
彩海の尻がブルッと震える。肛門に与えられた最初の一打の衝撃を伝えるように、シーツにキスをする。彩海の反応に喜んで、尚樹は連続して舌でしわのすぼまりの中心をつついた。舌が当たるたびに、肛門がわななき、ゆるく開いてはキュッと閉じる動きをくりかえす。
「おんっ!いいっ!お尻の穴、痺れちゃう!はううんっ!」