肛門そのものが意志を持っているように、しわの中心が開き、触れた亀頭を呑みこもうとした

谷間の中心で、肛門がせわしなく開閉をくりかえしているのが見えた。すぐ下では真紅のバイブが猛烈なパワーでうねり、広げられた恥丘をブルブルと振動させている。
尚樹ははじめての場所にすんなりと挿入する自信はなかった。慎重を期して、右手で肉棒をつかみ、ていねいに亀頭を肛門に当ててやる。肛門そのものが意志を持っているように、しわの中心が開き、触れた亀頭を呑みこもうとした。タイミングを逃さず、一気に押し入れる。
「あっおおうううっ!」
彩海が歓声を放って、腸粘膜がいっせいに亀頭から肉幹全体を押し包んできた。膣とはまた違う、とらえどころのない、それでいて強烈な圧迫感が、ペニスを歓待してくる。