もっと乳首と乳房を気持ちよくしてあげるよ

「もっと乳首と乳房を気持ちよくしてあげるよ」
尚樹は一度乳首を離すと、両手で左右の乳房をわしづかみにした。大人の手にも収まりきらない巨乳の肉が、指の間からぷりぷりとあふれ出る。
彩海は美貌にどっと汗を噴き出し、左右にふりたくった。
「うんっ、んあああっ、胸がつぶれちゃうわ!」