彩海が言い終わらないうちに、尚樹は尻たぶをつかんで、さらに谷間を広げた

「彩海さんのお尻の穴を、舐めるよ!」
「うれしいわ!たくさん舐めて!」
彩海が言い終わらないうちに、尚樹は尻たぶをつかんで、さらに谷間を広げた。膣から生えるバイブの赤い毒々しさに比べて、まさに可憐な蕾だ。普段は隠していることのほうが不思議に思えてしまう。自分の中の常識が崩落するのを感じながら、ふと言葉が口をついた。