生命のない亀頭が生きた膣の中へと侵入していく

尚樹は右手を突き出した。作り物の亀頭が粘膜に触れるやわらかい感触が、指に伝わってくる。力をこめると、本物を挿入するときとはまた異なる濡れた摩擦音が鳴って、生命のない亀頭が生きた膣の中へと侵入していく。
「あうん!ああ、入ってくるわ、尚樹くんっ!」
彩海の嬌声の誘いに反して、尚樹はつい手を止めてしまう。まだ亀頭の半分も膣口に入っていない。