しかし白い尻肉の谷間に、黒いレースのパンティが深く食いこんでいることで

彩海が背中を尚樹から離して、身体を前に倒した。柔軟体操のように、両足がほとんどまっすぐに開き、間に上半身が入って、裸の乳房がベッドのシーツに密着する。とがった乳首が布にこすれ、乳肉に埋もれて、甘いパルスを生む。
後ろにいる尚樹からは、人体そのものが奇妙なオブジェになったように見える。しかし白い尻肉の谷間に、黒いレースのパンティが深く食いこんでいることで、不思議なアートが男の欲望をそそる妖艶な女体であることを証明していた。