右手は指先を純白のパンティの底に突きたてて、深い溝を掘っている

もうひとりの美女も、快感に翻弄されていた。尚樹が彩海の尻から顔をあげると、静子先生が自分自身の両手で、肉の悦びを掘り起こしている。
左手はずっとブラウス越しに豊乳を揉みこんだ。右手は指先を純白のパンティの底に突きたてて、深い溝を掘っている。圧迫を受けた布からは透明な液体がにじみ出て、すぐ下のソファにも染みを作った。
「あっ、ああっ、こんなの、ダメッ!」