変化する尻の動きに翻弄されて、尚樹は白い尻たぶに指を食いこませ、何度も賞賛の声をあげた

変化する尻の動きに翻弄されて、尚樹は白い尻たぶに指を食いこませ、何度も賞賛の声をあげた。
「ああっ、彩海さんのお尻、たまらないよ!」
尚樹の歓声を聞いて、彩海は陶酔の表情で掲げた尻をふりたくる。尻を動かせば、彩海自身も肛門と腸を強烈に刺激される。さらにバイブの動きまで加わって、快楽の高みへと飛ばされることになる。