人妻の腸の奥で、亀頭が盛大にふくらんだ

尚樹の尻たぶが引きつり、激しく震えた。ペニスを奥まで届かせようと、本能が腰を彩海の尻にこすりつける。人妻の腸の奥で、亀頭が盛大にふくらんだ。
「出るううううっ!!」
勃起が焼けつき、自分の全身が精液と化して流出するような強烈な快感とともに、白いマグマを一気に噴出させる。
「はあああっ、来るわ!尚樹くんのが来るううっ!」
尻の奥に熱い粘液をぶちまけられ、彩海も腸内だけでなく全身の隅々まで少年の精液が充満した気がした。全身が官能の塊と化して、悦楽の頂点で爆発する。