幸福きわまりない面持ちで、シーツの上で裸の尻を上下にくねらせる

尚樹はあわてて肛門からペニスを引き抜くと、ベッドから跳び下りようとした。だが腰と足が言うことを聞かず、背後にひっくりかえってしまう。尻を埋めていた男根を引き抜かれて、彩海はもう一度絶頂へ押し流された。
「あはあっ、イクっ!!」
幸福きわまりない面持ちで、シーツの上で裸の尻を上下にくねらせる。身体の下では、白い布に大量の透明な染みが広がっていた。