彩海が子犬の鳴き声じみた嬌声を放ち、ぴょんと尻をあげた

彩海が子犬の鳴き声じみた嬌声を放ち、ぴょんと尻をあげた。床に着けていた両膝がまっすぐに伸びる。高くなった彩海の太腿の間に、尚樹の指が潜りこんでいた。レザーの表面を指がへこませて、内側のやわらかい肉をこねまわしているのだ。
「あっ、ああん!そ、そこをいじられたら、進めなくなっちゃう」