彩海の尻をなでまわし、太腿をさすり、ボディスーツの中心をまさぐる

尚樹は再び、彩海の尻をなでまわし、太腿をさすり、ボディスーツの中心をまさぐる。レザーの硬さがアクセントになって、肌のやわらかさがいっそう楽しめる。
「ああん、また、むああっ、いいわっ!」
廊下によがり声を響かせ、尻を跳びはねさせながら、彩海は前へ進みはじめる。