とてつもなくやわらかく、そして暖かい肉体が、むにゅんと押し付けられたのだ

雪白の艶肌が、それを連想させた。けれど、すぐにそれも違うと実感する。とてつもなくやわらかく、そして暖かい肉体が、むにゅんと押し付けられたのだ。こんなに暖かい雪女などいるはずがない。ようやく俊輔は、自分が裸であることに気がついた。頬を擦っていた細くしなやかな指が、俊輔の肩を包み込むように抱いてくれる。ちらりと覗かせる脇の窪みから甘い体臭が漂った。