だからこそ大きな胸元や女性らしい腰部のラインが、目のやり場にも困るほど強調されていた

美しい彼女の服装は、やはりメイド服だった。それも当世流行りのロリータ風とは異なり、どこか時代を感じさせる黒を基調としたロング丈。襟と袖の白いカラーと、腰部から太ももあたりにかけてミニ丈の白いエプロンが着けられているほかは、華美な装飾は見られない。だからこそ大きな胸元や女性らしい腰部のラインが、目のやり場にも困るほど強調されていた。
胸元まであるウェーブのかかった髪だけが、今風に茶色に染められていた。小柄ながらスラリとした身体つきと、美少女アイドルさながらの美貌が、エレガントな雰囲気溢れるメイド服とベストマッチなのだ。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!