白衣の下の水色のブラウスをド派手なメリハリで持ち上げているのだ

色気で言うのならタイトスカートからスラリと伸びる美脚も負けていない。見えているのは、パンスト越しのふくらはぎ程度だと言うのに、ムッチリとしていてたまらない色香を発散していた。そして、何よりも俊輔を魅了してやまないのは、その大きな胸元だった。白衣の下の水色のブラウスをド派手なメリハリで持ち上げているのだ。千夏の乳房も大きいと思っていたが、彼女の胸元は目のやり場にも困るほどだ。
(ああ、すごいおっぱい……。動くたびに揺れてるよ)