白衣の下の水色のブラウスをド派手なメリハリで持ち上げているのだ

色気で言うのならタイトスカートからスラリと伸びる美脚も負けていない。見えているのは、パンスト越しのふくらはぎ程度だと言うのに、ムッチリとしていてたまらない色香を発散していた。そして、何よりも俊輔を魅了してやまないのは、その大きな胸元だった。白衣の下の水色のブラウスをド派手なメリハリで持ち上げているのだ。千夏の乳房も大きいと思っていたが、彼女の胸元は目のやり場にも困るほどだ。
(ああ、すごいおっぱい……。動くたびに揺れてるよ)

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!