俊輔はぺろぺろと胸の谷間に舌を這わせながら、右手を裸の背中に滑らせた

バニラビーンズに柑橘系の酸味を一滴だけ加えたような匂いに、ふわんと鼻腔をくすぐられる。俊輔は唇を突き出すようにして、胸の谷間に口づけをした。
「はぅん……んんっ」
舌でそっと舐ると、千夏の唇から湿った吐息が漏れかける。俊輔が寒くないように部屋の温度は、比較的高めに保たれている。さらに緊張もあってか、女体には微かに汗の皮膜が浮いていた。
俊輔はぺろぺろと胸の谷間に舌を這わせながら、右手を裸の背中に滑らせた。きめ細かく滑らかな背筋が、ピクンと震えた。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。
「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」
そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。
日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に
天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!