ロング丈の裾をひょいと持ち上げ、俊輔のお腹に跨った千夏が、両膝をカニ足に折って、その上にぺたりと座りこんだ

千夏は、膝の上から俊輔の頭をやさしくよけさせると、四つん這いになってベッドの上を移動した。
「千夏さん?」
ロング丈の裾をひょいと持ち上げ、俊輔のお腹に跨った千夏が、両膝をカニ足に折って、その上にぺたりと座りこんだ。