やわらかくもふにゅんと形を変える肉房を、慎重に潰しては緩めを繰り返す

慈愛に満ちた微笑に勇気づけられ、膨らみを覆う手指に、ゆっくりと力を込め、下乳にあてがった指先を絞りこんだ。
「うわぁ、ゆ、指がめり込んでいく」
乳丘に指が、どこまでも沈みこんでいく。それでいて、力を緩めた途端に心地よい反発が返ってくる。
「すごい!すごい、すごい、すごい!」
俊輔は夢中で、乳房を捏ねまわした。きめ細かな滑らかさを堪能しながら指全体で柔肌を擦り、さらには裾野からすくい上げる。やわらかくもふにゅんと形を変える肉房を、慎重に潰しては緩めを繰り返す。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!