あん、そんなにモミモミしないでくださいぃ

「あん、そんなにモミモミしないでくださいぃ……」
きゅっきゅっと揉むたびに、乳肌がハリを増していくのがたまらない。小ぶりだった薄紅色の乳首がむっくりとせり出し、掌の中で堅さを帯びた。
「千夏さんのおっぱい、揉むたびに張りつめてきます。なのに、どうしてこんなにやわらかいのでしょう?」
興奮のあまり力加減が利かなくなっている。親指と人差し指が肉房を隔て、くっつくかと思うほど強く潰している。行き場を失った遊離脂肪が、乳肌をつやつやに張りつめさせた。