お腹に押し付けられた乳房の蠱惑的な感触

俊輔に跨ったまま、柔軟に女体を這わせ、そのやわらかさを味わわせてくれる。お腹に押し付けられた乳房の蠱惑的な感触。さらには、広い胸板に近づいてきた唇に、小さな乳首を含まれた。薄い舌先をチロリと伸ばし、くすぐるように舐められるのだ。
「あううっ!」
たまらずに、びくんっと上半身を震えさせた。その反応がうれしいのか、嵩にかかってレロレロと乳首を責められる。涎でねっとりとなった乳首を中指の先で捏ねられ、もう一方の胸板に朱唇が吸いついてくる。