千夏は、勃起から手指を離そうとしないばかりか、悪戯っぽく微笑して、しなやかに上下運動をはじめるのだった

抱きすくめられながらも千夏は、勃起から手指を離そうとしないばかりか、悪戯っぽく微笑して、しなやかに上下運動をはじめるのだった。
「うおっ……ち、千夏さん!は、はうおっ!!」
腹の筋肉を脈動させて、うなり声を漏らす。
白魚のような手の温もりが勃起に浸透し、生命力の放出を促してくるのだ。
「ああ、やはり大きいのですね……こんなに大きくって……熱いっ!」
掠れた声が耳元で囁き、にぎにぎと肉塊に圧力を加えられる。かと思うと、俊輔の先走り汁を巧みに利用した律動が、肉竿に沿って上下する。