千夏は、勃起から手指を離そうとしないばかりか、悪戯っぽく微笑して、しなやかに上下運動をはじめるのだった

抱きすくめられながらも千夏は、勃起から手指を離そうとしないばかりか、悪戯っぽく微笑して、しなやかに上下運動をはじめるのだった。
「うおっ……ち、千夏さん!は、はうおっ!!」
腹の筋肉を脈動させて、うなり声を漏らす。
白魚のような手の温もりが勃起に浸透し、生命力の放出を促してくるのだ。
「ああ、やはり大きいのですね……こんなに大きくって……熱いっ!」
掠れた声が耳元で囁き、にぎにぎと肉塊に圧力を加えられる。かと思うと、俊輔の先走り汁を巧みに利用した律動が、肉竿に沿って上下する。

出典:~誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)

著者: 北條拓人

誘惑の里 僕と美乳天女たち (リアルドリーム文庫)
旅先で遭難しかけた青年が流れ着いた女性ばかり住む村里。「お客様を丁重におもてなしするのがしきたりですから」そこで出会った3人の美女たちによる献身的な介護と、キスや抱擁に混浴プレイなどエロチックな誘惑の数々。日常から少し離れたおとぎ話のような桃源郷を舞台に天女との甘いアバンチュールが幕を上げる──。

Kindle Unlimitedに登録すればこの本が無料で読み放題!