いいのですよ。もっと気持ちよくなってください。千夏の手に出してくださいっ

「いいのですよ。もっと気持ちよくなってください。千夏の手に出してくださいっ」
亀頭を半分ほど覆う皮が引っ張られ、カリ首が剥き出しになる。繊細な指先が、その周囲をくすぐるように刺激してくる。
「あおうっ!うぐうぅっ!!」
女性のように悦びの声をあげ、ビクンビクンと身悶えた。溜まりに溜まったエネルギーが、一気に弾けようとしている。俊輔は両手に薄い肩をつかまえ、射精前のジリジリとした焦燥感をやり過ごそうとした。